2016年12月2日金曜日

黒革の手帳 その3

黒革の手帳 その1 その2 からの続きだよー。

前記事から間を置かずに更新するつもりがあっという間に12月!
久しぶりに開いたBloggerの管理画面が微妙に仕様を変更していてそわそわしてます。

さて、手帳を使い始めて2ヶ月・・・使えば使うほど奥が深く、不満も出てくるもの。
すでに来年(再来年用の)手帳に思いを馳せてる私ですが、それはそれ、ちゃんと活用しています。

今回から月間スケジュールだけでなく、週間レフト式にしたのでほぼ毎日何か書いている。
これは、その日(週)に用事がないか見るだけだった今までとは格段に手帳と向き合う時間が増えたということ。

もちろん、家でゆっくりと書いたりおしゃれなカフェでチェックできるならいいのだけど、私は鬼のパート主婦。そんな余裕はありません。
なので、手帳を書いたりチェックしたりするのはほぼ家と化してる職場がほとんど。
それゆえ、手帳まわりのアイテムも毎日職場に持って行ってます。


これでも最小限のアイテムのみ持ち運んでるつもり・・・・1泊の旅行にスーツケースが必要な女の持ち物ですな。


何年も変わらずStyle Fitのボールペンで家族のメンバーごとに色分けして予定を書いているのは変わらず。
かば夫
その色に合わせて蛍光ペンも準備。この蛍光ペンは線を引くとキラキラとラメが入っているので大好き。(←乙女)
今年はマイナーチェンジということで、今までで書いていたのをダークブラウンにかえました。(自分しかわからない)

色鉛筆はとりあえず赤と青だけ。カッターとはさみもSBで使っているものを毎日移動させるのは面倒なので手帳用として揃えてます。


一番悩んだのがスタンプインク
私はバーサファインの黒さえあれば全て事足りる女ですが、手帳に裏写りすることに耐えられずバーサマジックのMidnight Blackを使ってます。

そんな肝心の手帳の中身ですが、ワインを飲みすぎたのでまた次回。


2016年11月22日火曜日

黒革の手帳 その2

前記事からの続きだよー。

300円で買ったスケジュール帳、スナップをつけてペラペラめくれないようにしたこと以外には前と後ろのページにポケットつけました。



このスケジュール帳、300円の割にページに印をつける紐が元々2色ついてて買う手間が省けたけれど、手帳売り場に行けばカスタマイズできるアイテムがいっぱいですね。

そして、猫の表紙にしてから1ヶ月も経たないうちに案の定飽きてきたので、Crate PaperのSnow & Cocoaを使って表紙をつくりました。



12インチを作るためにできるだけPPを使いたくなかったので2枚買いしているPPを2種類だけ使って作りましたわよ。
ビニールカバーで覆うので立体的なエンベリを使えないところが辛いところよ。

そして、肝心の中身ですが娘が期末テストを終えて腹を空かして帰ってくるのでまた後日。
細切れ更新で本当にかたじけない。